新土地(シントチ)

SHINOITATOCHI.CO.,LTD.

TOPタノシゴトバE&Hシェアマネジメント株式会社

E&Hシェアマネジメント株式会社
E&Hシェアマネジメント株式会社

大分県大分市中央町1丁目5-25 新大分ビル3-D室
営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日曜、祝日(シェアサイクルは24時間稼働)
tel:097-573-3377

Googleマップ

電動アシスト自転車を中心としたリースやレンタルをはじめ、経営コンサルティングやシステム開発、広告宣伝などの事業を展開する「E&Hシェアマネジメント株式会社」。
大分市にある支店でも、株式会社ドコモ・バイクシェアのシステムを利用したシェアサイクル事業を展開している。

シェアサイクルで大分を
もっと楽しく便利に

最近、大分でもよく見かけるようになったシェアサイクル。
あちこちに点在するサイクルポートで気軽に電動アシスト自転車を借りたり返却したりできるため、ちょっとした移動や観光スポットを巡るのにも便利だ。
しかも専用の保険がついているので、もしもの時にも安心。
健康促進や環境問題への配慮、自転車ならではの視点から地域の再発見など、さまざまな可能性を広げる新たな公共交通手段として、耳目を集めている。
大分県では2018年10月からシェアサイクル事業が始動。設置や管理などを手がけているのは、相良さんが大分支店長を務める「E&Hシェアマネジメント株式会社」だ。

甘いマスクと落ち着きのある声で、一見俳優のような相良さんは、野球にバレー、水泳とスポーツに明け暮れた少年時代を大分市で過ごし、高校卒業後は京都の大学へ進学。
そこで空手に目覚め、今でも空手教室で子どもたちに指導もおこなっている。
技術だけでなく、万一、襲われそうになったら「大きな声を出して逃げること」という教えを常日頃から伝授しているのだそう。

大学卒業後は就職で地元・大分市へ帰郷。
ちょうどバブルの時代だったが、「これからはモノではなく、人の安心感を支えることが求められるようになる」と考え、保険会社で働くことを選んだ。
その後、転勤で東京や福岡でも活躍したが、体を壊したことがきっかけで退職。
地元へ戻り保険代理店を始めた。

転機が訪れたのは、2018年6月。
東京時代の元上司から20年ぶりに連絡があり、シェアサイクル事業を共同でしないか、と声をかけられたのだ。
そうしたご縁で始まった新たな事業への挑戦。
翌年には大分市と別府市で53ヶ所のサイクルポート、300台の電動アシスト自転車を設置するまでになった。

今後の目標は、湯布院や海岸沿いなどにサイクルポートを増やしていくこと。

そんな夢や、空手の話をしている時の相良さんは、「仕事がデキるかっこいい大人の男性」という第一印象と打って変わって、少年のように生き生きとして楽しそうだった。

支店長
相良 潤之介さん

大分市出身。
高校卒業後、立命館大学に進学し、空手に出会う。
大学卒業後は保険会社に就職し大分で勤務。
東京、福岡で12年近く働いたのち、体を壊し退職、地元・大分市へ帰郷。
保険代理店を立ち上げてから、縁あってシェアサイクル事業を手がけ始める。
プライベートでは、空手教室で子どもたちに指導をするなど空手家としても活動中。