新土地(シントチ)

SHINOITATOCHI.CO.,LTD.

TOPwazawazaCREA

CREAリハビリステーション
CREA

大分県大分市中央町3-5-16 wazawaza 2F
営業時間:14:00〜(終了時間は予約による)
土日祝10:00~
定休日:不定休
tel.050-5360-4705
facebook

Googleマップ

国家資格保持者(理学療法士)がリハビリに関する全てをサポートする施設。医学的根拠に基づいた、目的や身体機能に合ったプログラムを提案している。
見学無料、体験は60~90分・2980円/要事前予約。

リハビリ業界に新しい風!
「いつまでも健康に遊べる体づくりを」

「大分のリハビリ業界をぶっ壊す!そんな思いで立ち上げました」
ー優しそうな見た目からは想像できない熱い言葉で思いの丈を語ってくれたのは、理学療法士でリハビリ専門ジムのオーナートレーナー・工藤剛希さん。

子どもの頃からソフトボールや水泳に励むスポーツ少年で、中学時代は野球部でピッチャーとして活躍していた。
肘の故障を理由に引退したが、その際の治療がきっかけで医療の仕事にも興味を持ったという。
地元の高校を卒業後、山口県の専門学校に進学。
広島の病院に就職し4年間働いた。
同病院で同じ大分、同じ高校出身の奥さんとの運命の出会いも経て、二人で地元に戻ってきてからは、大分市内のクリニックや救急病院などに勤務。
さまざまな種類の医療機関、介護施設で臨床経験を積むうち、リハビリが必要な人たちをもっときちんとフォローしたいという思いにかられた。

同じ理学療法士でフィットネスクラブ経営者の兒玉一樹氏のアドバイスや、医療従事者である奥さんの叱咤(激励はあまりないらしい)を受けながら、独立を決意する。

開業してからは、20~90代まで幅広い年代の利用者に、医学的な専門知識と経験を生かし、一人ひとりの体の状態に合わせた「日常以上医療未満」のプログラムを提供。
「いつまでも健康に働ける・遊べるための、安全な体づくり」をサポートしている。
保険制度や就労環境など、医療を取り巻く状況がめまぐるしく変化していくなか、理学療法士の新しい在り方を模索する必要性も感じており、意見交換会を開くなどの活動にも注力。

多忙な日々だが、数年前から始め一時期はプロとしても活躍したキックボクシングは、今でも時々ジムに通いトレーナーとして指導したり、来年は「ゴルフを再開したいし、トライアスロンにも挑戦したい」と、大好きなスポーツを楽しむ時間も大切にしている。
リハビリ業界の改革と、これからの世代の独立やチャレンジを支えるため、まずは自らの成功を勝ち取るべく戦い続ける注目の挑戦者。
その躍動は業界を、大分を盛り立てていくことだろう。

代表
工藤 剛希さん

大分市出身。
高校卒業後、山口県の医療福祉専門学校、九州保健福祉大学で学んだのち、理学療法士として広島県の病院に就職。
8年ほどして地元に戻り、クリニックや病院での勤務を経て7年後に独立。
趣味のキックボクシングではプロとして活動し引退、現在もトレーナーとして活躍中。
日本PNF学会:研修会全課程修了
AGE研究家:AGEプロフェッショナルドクター資格取得
元プロキックボクサー:SF級、2戦1勝(無効試合1)。