新土地(シントチ)

SHINOITATOCHI.CO.,LTD.

TOPタノシゴトバTokyo HIKE

Tokyo HIKE(トーキョー ハイク)
Tokyo HIKE

大分県大分市中央町1-5-25 新大分ビル1F
営業時間:10:00~21:00(平日),9:00~21:00(土),9:00~17:00(日)
定休日:木曜日
tel.097-537-8136
HP http://tokyo-hike.com/

Googleマップ

自然と人間の営みの緩やかな循環が幸せを生む
美容師もその循環の一部となりたい

Tokyo HIKEの店内に入ると大きな木が目に入る。
床下から育ち、天井を貫くその大木はまるでこのビル全体を支えているかのように映る。
オーナーの江藤さんはこう言う。

「このシンボルツリーは人間が造作した空間と、太古から続く自然とを繋ぐ役割をしています。
私たちの幸せは自然との共生の中にあると考えています。
この美容室は単に髪を切るという行為だけではなく、自然に抱かれ、お客様の心を解放する空間でもあるのです。
Tokyo HIKEは、心も喜び、髪も喜ぶ美容室でありたいと願っています」

幸せはヒトと自然の共生にある。
そんな大事なことを忘れないためにも、メルクマークとしてこのシンボルツリーがあるのだろう。
髪を切る幸せ。髪を切った後の幸せ。その幸せの循環をお手伝いするのが美容師の役割なのだそう。
だからこそ、美容師は単に髪を切るヒトであってはならない。

「特別なことをしているわけではありません」

江藤さんがスタッフに伝えるのは、
お客様の幸せと共に、自然の草木のようにそっと息を吹き返し心躍らせる髪達の幸せを願うことー。
ヒトの幸せは社会の幸せを生み、地球全体の幸せにつながる。
それこそが、江藤さんの願う幸せの循環である。

また、若いスタッフの育成にも力を入れている。

「私が若い頃、先に進む先輩に助けられました。美容留学できたのも先輩たちのおかげです。そして、その先輩たちも先人に助けられてきたのです。私は次の世代の美容師に伝えなければならないのです。それが『師』としての使命です。」
『師』は人を教え導く人-。
江藤さんは、自分が世界をハイクしてきたように、若い美容師達にも広い外に飛び出してほしい。
いろいろな経験をして、また次の世代に繋げてほしいと願っている。
これもまた幸せの循環なのである。

その為に、海外での日常生活に役立つ英会話のスクールも開校した。
また、その受け皿でもある海外での美容室展開も予定しているのだそうだ。

ただ、髪を切る。という行為が、巡り巡って世界を幸せで包み込む。
そんな願いが叶う日は遠くないと感じた。

代表取締役
江藤 隆さんTakashi Eto

大分市出身。美容室を経営する傍ら、自身もプライベートサロンでお客様を迎える。
趣味は生花。華道本能寺の師範でもある。